インテリア

迫る劣化から逃れよう【リノベーションで住宅の快適化】

家を保護する

一軒家

外壁塗装が必要な理由として、外からの紫外線や雨風による腐食を回避し、家を保護すると言う理由があります。更に、内部や外部からの音を遮断すると言う効果もあります。外壁塗装には塗装とサイディングと言う2つの種類があります。通常工程としては足場をかけ、壁の汚れを洗浄して外壁を乾燥させ下準備をします。それが完了すれば塗装を開始する前に、色飛びや写りがおこらないようにテーピングを行います。後はシーラーやフィラー等の下地をつけ、アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素を1~3回程度重ねて仕上げます。木や鉄の部分は油性、ウレタンで処理する事がほとんどです。もし、自宅の外壁素材がサイディングであった場合には、それごと取り替える事で外壁を綺麗にします。勿論、サイディングの上から塗装する事は可能ですが、数年で剥がれてしまう素材になっているため壁ごとの張替えが効率的だと考えられています。モルタル等で仕上げられている外壁は塗装に適しており、そのまま通常通りの塗装方法で修復や補修が行われます。また、室内だけでなく外観も整えて家自体を自分自身がプロデュースし、トータルでコーディネートするために外壁塗装が必要となるのです。